消費者金融で不安なのが滞納をしたときです。消費者金融を利用するときはきちんと返済計画を立てて行う必要があります。しかし、予期せぬトラブルや予想外の出費で返済が滞ってしまうこともあり得るでしょう。では、もし消費者金融の借り入れを滞納したらどうなってしまうのでしょうか。

消費者金融の滞納で起こることとは

消費者金融から借りたお金を滞納したとき、手順を踏んで消費者金融側が督促をします。そのため初期段階の滞納であれば決して怖いことはありません。

まず、数日滞納をすると電話が掛かってくるでしょう。このときに、なぜ滞納したのか、いつまでに支払うことが出来るのかをしっかりと伝えられたら大きなトラブルにはつながりません。もちろん支払うことが出来ない場合、支払いできる日数までに時間が掛かる場合は何らかの措置があるかもしれませんが、まずはきちんと説明をしましょう。電話連絡の段階で説明をすれば、消費者金融側もわかってくれるはずです。

数回の催促電話に出なかった場合は、封書が届きます。こちらは催促状で、支払期限や支払い金額などが記載されています。もし家族と一緒に住んでいる人であれば、封書が届けば消費者金融を利用しているということがばれてしまうでしょう。また、催促状が届いたということは、消費者金融側でもさまざまな準備をしている段階です。

封書での催促状に応じなかった場合は、借り入れしている全てのお金の一括返済を要求されます。信頼関係が破綻してしまうので、これ以上企業からお金を貸すことは出来なくなってしまうのでしょう。しかし一括返済が要求されるのは、延滞から2ヶ月から3ヶ月経過したくらいです。この期間内に返済や連絡をしていれば、一括返済を要求されることはほとんどないので安心してください。

最後に裁判所を通じての連絡です。
一括返済にも応じなかった場合は、財産や給与の差し押さえなどを行って返済をしなければいけなくなります。消費者金融側が差し押さえをするのではなく、裁判所から連絡をした上で、債務者の財産の差し押さえが始まります。

遅延損害金は発生するのか

消費者金融から借りたお金を滞納した場合、遅延損害金が発生する可能性が高いです。遅延損害金は消費者金融会社によって異なりますが、大半が上限の20パーセントの請求となっています。1日2日であれば発生しない場合もありますが、基本的には発生するものだと思ってください。指定日に毎月返済をしていれば、延滞も遅延損害金も怖くはありません。