消費者金融を利用するときに気をつけなければいけないのが遅延損害金です。遅延損害金については消費者金融を利用するときの利用規約に記載されていることが多いですが、きちんと規約を読まずに契約をしてしまう人も多いでしょう。 遅延損害金とは、返済期日を過ぎても返済しない人に課せられる利息のことを言います。

遅延損害金が発生する条件とは

基本的に消費者金融から借りたお金は毎月返済することとなっています。返済日は消費者金融側が指定した日となっていて、自分で振り込んだり自動的に引き落とされることが多いでしょう。 しかし、消費者金融会社が指定した期日に返済をすることが出来なかった場合、遅延損害金が発生します。

これは、返済期日の翌日から適用される金利であり、返済をしなければどんどん増えていきます。 しかししっかりと返済をすることが出来ればその時点で遅延損害金が増えることはなく、翌月からは普段どおりの返済金額に戻るのです。 あくまで一時的な利息ではありますが、期日通りに返済しなければペナルティとして生じるのが遅延損害金です。

遅延損害金はいくらくらいなのか

遅延損害金は、20パーセントが適用となっています。そのためどれだけ高くなっても20パーセントを超えることはありません。 もちろん遅延損害金を設定していない業者もあれば、20パーセント以下の業者もあります。 もし消費者金融を利用するときは遅延損害金があるのか、何パーセントの金利がつくのかもきちんと確認をしておきましょう。