奨学金を利用する人が増えています。進学をしたいけれども進学費用が足りない場合に、借り入れるのが奨学金です。進学費用のために借り入れる人がほとんどではありますが、借りたお金は必ず学費に当てなければいけないという訳ではありません。 進学をしたときの生活費に当てることも出来ますし、家族の生活費にする場合もあるでしょう。

しかし奨学金ではなく教育ローンなど、銀行のローンを借り入れする家庭もあります。 奨学金と銀行のローンはどんな違いがあり、どちらがおすすめなのでしょうか。

銀行ローンとの違いは?

奨学金は、学生本人に返済義務が生じる借り入れです。そのため基本的には社会人になってから自分自身で返済をする人が多いでしょう。 借り方は毎月定額、振込み形式で行われています。そのため一定金額までためて学費として支払う人もいれば、生活費に当てる人もいます。 利息は在学中は発生することなく、返済も卒業後から行うこととなります。

一方教育ローンは返済義務は保護者にあります。借り入れ主が保護者なので、基本的には保護者が返済をすることが多いでしょう。 借り入れをすると一括で振込みが行われ、利息は借りた翌日から発生します。返済も、借りた翌月から行う形となるでしょう。

一度に借り入れたい場合、両親が返済をする場合は銀行のローン。学生本人が借り入れをして、学生が働き始めたら返済をしたい場合は奨学金が良いのではないでしょうか。 どちらも返済方法や利息の発生方法が違うので、どちらがあっているかよく見比べて選びましょう。 もし消費者金融を利用するときは遅延損害金があるのか、何パーセントの金利がつくのかもきちんと確認をしておきましょう。