つなぎ融資は、住宅ローンの利用時に発生するローンのことです。

住宅ローンはローンの中でも少し特殊なものとなります。また、数あるローンの中でも特に高額なローンとなるでしょう。家は一生の中で一番高価な買い物、とも言われていますが、それだけ住宅ローンはとても貴重で特殊なローンなのです。 そんな住宅ローンを組むときに覚えておいたほうがいいのがつなぎ融資です。

つなぎ融資とは何のためにあるのか

住宅ローンを組むときは、基本的には物件が担保となります。高額なローンなので担保が必要になり、また、これから作る住宅がその担保代わりとなる少し特殊なローンなのです。 そして、住宅ローンの支払いは基本的には物件が完成してからとなります。住居が出来る前ではなく、住居が出来てから組めます。

基本的には自宅が出来てからのローンとなりますが、物件が出来る前に土地を買ったり家を建てる前に中間金などが必要になったりと様々な費用が必要となるでしょう。 そんな、住宅が出来る前に必要な資金を借り入れすることをつなぎ融資となります。

つなぎ融資を利用することで、自己資金が少なくても自宅の購入が可能です。貯蓄額が少なくても、貯蓄を減らさなくても、理想の家が作れます。 しかしつなぎ融資は金利が高く、諸経費などが掛かる場合も多いでしょう。またつなぎ融資は住宅ローン控除がされないので利用をするときは慎重に行ってください。住宅ローン控除にはいくつかの規則があるため、家が完成する前のつなぎ融資は対象外となっています。